プロフィール

もこ

Author:もこ
新中一&新高一の娘を持つ母のブログです。お付き合い、よろしく!!

 
◆バトンについて◆

ごめんなさい、受けとりません。
詳しくは、こちらを読んでください。

カウンター


カテゴリー


占い師ドロンくん




占い設定ボタンを押して、
誕生日を入力してね。




ブログ検索


ブロとも申請フォーム


TB people










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始動!!

娘たちの冬休みは9日(祝)まで。
なのに、もうPTA活動は始まります・・▼▼”⌒☆o(_ _o)ドテッ

新春教育座談会があり、聴きに行きましたよ、校長といっしょに・・・。
パネラーが壇上で「放談」するというもので、
「保護者代表」「教育界代表」「スクールカウンセラー(心理学者)」が話をされました。
企画はよかったと思うんです、それなりの内容も聞けたし。
でもねぇ。
事前の打ち合わせがきちんとされていなかったようで、
会話が何度も途中で途切れて、聴きづらいものがあり、
中途半場で、盛り上がりに欠けるものでした。
しゃべりのプロがやるわけじゃないから、ムリな注文なんだろうけれど、
こういう時は、司会進行役を入れたほうがいいですね。


寒波の中、二時間の講演のために片道一時間もかけて出かけていったのに・・・
というのが、正直な感想です。
「先生」も多く参加した会なので、ネクタイにスーツ姿の方ばかりで、
場違いな気もして精神的にもよろしくなかったよ(T▽T)アハハ!

おっと、肝心な内容だけど「子どもたちをどう育てるか」がテーマでした。
私が印象的だったのは、心理学者さんの子どもにはストレスが必要」という言葉でした。
ストレスというと「悪」と捉えられがちだけど、
全てがそうではなく「過度なストレス」が「悪」であって、
「適度なストレス」は「必要」なものであると説明されました。
この場合のストレスは刺激とも同意で、
たくさんの(適度な)ストレスを受けることで、精神的な成長ができ、
困難に打ち勝つことが出来る子どもに成長するそうです。

いろんな経験をさせることで、子供たちは自分で考える「選択肢」をもつことができます。
相手の立場に立った考えもできるようになります。
「目標」が同じでも、そこへ到達するためにたくさんの道を通った者が、
より成長できるという話もありました。
「寄り道」をたくさんしましょうということです。
親が道を作り、ただレールに乗っかるだけだと、壁にぶち当たった時に解決方法を見出せず、
少ない選択肢、例えば「キレる」「引きこもる」ことしか出来ない子になりやすい。とこのと。
子供が自ら進んでいけるよう、目的地に導くことは大切だけれど、
大人が手出しをしすぎるのも問題である。ということでした。

確かにそうですね。
「経験」がなければ、「成長」はないでしょう。

運よく、私の住んでる町は田舎で、自然環境もいい土地柄です。
たくさん寄り道させて、いろんな経験をしてもらいましょうっと♪
あっ、まずは家事からね┫ ̄旦 ̄┣ フフッ
目的が違いますか?[岩蔭|]_・)ソォーッ
スポンサーサイト

コメント

いやいや、
家事もとっても大事!
生きていくためには 絶対必要なことよね。
まずは 手堅く身の回りからだわっ

家事をすると
物事の段取りって覚えられるでしょ。
体と頭をフルに活用できる 家事は案外有効じゃないかしらん??

あとは、
やっぱり親の意識改革は必要なのかもね・・・



今年もよろしくお願いしまーす。
新年早々のPTA活動、本当にお疲れ様です!

過度なストレスが成長の大きな力となる…確かにそうですね。
そのストレスをかけているのは親の自分であることを責めたり、子どもの周りの環境を整えようとし過ぎたりしてしまいがち。
素直に問題もなく、みんなと同じように育っていったら育てる親はとってもラク♪だけれど、蓋を開けたら空っぽ…ということになりかねないのかもしれません。

息子の脱線子育ても、いつかは経験として加算される!と信じてがんばろうっと元気をもらいました、ありがとう。

もこさん、こんにちは~♪

お話はすばらしいのに、企画が不十分で残念でしたね~
私も似たようなお話を聞いたことがあるのですよ。
その時はストレスではなくて、壁と言う言葉でしたが…

親は壁で良いそうです。
壁があると、子どもは乗り越えようと努力をする。
その努力と考える過程が大切なのだと。

あまりハードルの高い壁ではなく、乗り越えられる程度ってところが
結構難しかったりするのですけど、まさに適度なストレスは大切って感じますね。
昨日から中学生の息子のことで、考えさせられることが多くて…
自分が「適度なストレス」ではなく「過度なストレス」になっているんじゃないかと
ちょっと心配になってしまいました~(笑)

いいお話を伺ったら、またご披露してくださいね~

すごい!もう そのようなPTAの活動が始動しているのですね!
ご苦労様です!
>子どもにはストレスが必要
>大人が手出しをしすぎるのも問題
>「経験」がなければ、「成長」はないでしょう
そのとおりですね!ちょっと耳が痛いような・・・
わかってはいるのですが・・・ついつい手を出してしまう私です・・・
年の初めから・・・いい話を聞きました!!
よ~し!! うちも・・・まずは 家事から・・・・・ ̄m ̄ ふふ

早速読みにきましたぁ~♪
PTAか・・・・・もうすっかり忘れてしまってます(^^;;
今年はクラス委員を上の子で引き受ける年になりそう。ほんとにひっそりやってたいです(笑
ひきこもりはたまにテレビで特集してると見ちゃいますね。育児は今見える子供ではなくて、数年先の子供を作ってる過程にすぎないから、本当に奥が深いし難しいと思います。私自身がまず成長していかないと・・・って、いつも思うよ。
仕事で普段はバタバタだけど、またここに来るね!教えてくれてありがとう(#^_^#)

こんにちわ。みゅうちん
うちはへんなプレッシャーを与えすぎて大事なプレッシャーを
あたえてないのね。だからすぐに投げ出すんだわ。
もっと小さい頃にいろいろとやらせるべきだったんだね。
はぁ。今頃いっても遅いけど・・・・(^_^;)

◆OHIROちゃん
(⌒^⌒)b うん 家事をやることって、
生きていく手段としても、段取や要領を覚えることも必要だよね(-ω☆)キラリ
親の意識改革は・・・これが一番難しいかな

◆パートシュフさん
「蓋を開けたらみんな同じ子」 これって、とても怖いですよね。
脱線しても、遠回りしてもきっと子どもが大きくなった時に「よかった」って思える子育てをしたいですね。

◆botaroさん
壁でもハードルでも置き換えて考えられますね。<ストレス
どこまでが「適度なストレス」なのか、子どもによっても違うでしょう。
難しいかもしれませんが、それを見極めなければならないのが「親」だと思うのです。
親も日々是学習ですね・・・

◆TAKO母さん
これは、聴いてきた話であって、私が実践しているかどうかは・・・[岩陰|▼メ)ソォーッ
やはりそちらも家事からですね♪
中学生ともなると家事ぐらいおぼえてくれないと!ですよね?

◆alice
(ノ´▽`)ノ イラッシャーイ♪
相変わらず、私はPTAどっぷりなのよ。
aliceがひっそりとPTA活動なんてもったいないけど、これまで充分がんばってたものね。
時間が出来たら、また遊びに来てね。

◆みのちゃん
今からだって、充分間に合うと思うよ。
15やそこらでやり直しがきかなかったら、私たちはどうなるのよっ!(笑
目の前に迫った受験で長男君はいっぱいいっぱいだろうけれど、高校でも変われるよ。
ううん、きっと変わるよ!それを、見守っていこう!ねっ。
で、みゅうちんって、誰?(爆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。