プロフィール

もこ

Author:もこ
新中一&新高一の娘を持つ母のブログです。お付き合い、よろしく!!

 
◆バトンについて◆

ごめんなさい、受けとりません。
詳しくは、こちらを読んでください。

カウンター


カテゴリー


占い師ドロンくん




占い設定ボタンを押して、
誕生日を入力してね。




ブログ検索


ブロとも申請フォーム


TB people










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年3月19日
小学娘が小学校を卒業しました。
それと同時に、私も、小学校保護者を卒業する日でした。

ここ数年、私は小学校の卒業式に参列しています。
その中で、娘の卒業式ということを省いても、
今年は最も心に残る卒業式となりました。

校長や来賓の、長い「お祝いの言葉」を聞いている時も、
背筋をビシッと伸ばし、ぶれることなく椅子にこしかけ、
「卒業おめでとうございます。」というフレーズがあると、
かならず「ありがとうございます」と返事をし、
座ったままですが、皆でお辞儀をしていました。

見ていて気持ちが良かったです。


「送辞」「答辞」にあたるものがなく、
6年生と在校生(1年から全学年参列します)との
掛け合いの言葉や、歌があったのですが、
たった10人程の6年生は、在校生全員が合わせた声以上に、
大きく、はきはきとした声が出ていました。

タイトルは忘れたのですが、
担任の先生が、4月からこの歌を卒業式に歌わせたいと、
根回し?していたというその曲は、心に響くものでした。
不覚にも、ここで涙がこみ上げてしまいました。

式の最中から、在校生がしゃくりあげて泣いていました。
顔を何度もぬぐっている子もいました。
惜しまれる卒業式を、過ごしてきました。


・・・旦那の謝辞も無事に終わりました(´▽`) ホッ・・・



式後教室に向かうと、
「わたしの息子たち、娘たち、ありがとう」
と、黒板に大きなメッセージが書かれ、
その周りには、卒業生の顔写真が丸く、貼られていました。

これまで、何度も6年生を担任し、
そのたびに「格言」を書いてきたそうですが、
このクラスは、先生にとってとびっきり一番のクラスで、
先生自身が胸をはれる子どもばかりだから、
「今回は、厳しい自分を受け入れてくれたことを感謝したい。」と
言ってくださいました。


このメンバーで、この担任で、本当によかった!


最後に、在校生が作った花道を、親子で通ってきました。
小学娘が通ると、沢山の低学年の子が握手を求めてきました。
花束も手渡されました。
抱きついてくれる子もいました。
こんなに、慕われていたんだと
今更ながら、小学娘のことを自慢に思いましたよ。


私の9年間の小学校生活も、もうおしまいです・・・・
ありがとう!さようなら!K小学校!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。