プロフィール

もこ

Author:もこ
新中一&新高一の娘を持つ母のブログです。お付き合い、よろしく!!

 
◆バトンについて◆

ごめんなさい、受けとりません。
詳しくは、こちらを読んでください。

カウンター


カテゴリー


占い師ドロンくん




占い設定ボタンを押して、
誕生日を入力してね。




ブログ検索


ブロとも申請フォーム


TB people










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
児童文学者「鳥越信」氏の講演会へ行ってきました。

鳥越先生は「岩波の子どもの本」シリーズや 「岩波少年文庫」を担当し、
石井桃子さんや、いぬいとみこさんと仕事をされていました。
この頃に、多くの児童文学者と交友を持たれ、
大学院教授として2005年に定年を迎えられるまで、
児童文学界をリードされて、 『児童文学界の生き字引』と呼ばれている方です。

テーマは「日本の絵本の歴史」でした。
一番前の席を陣取って、
ホォ~( ̄o ̄)、うんうん(¨)(..)(¨)(..)、と百面相しつつ、
ノートには、自分しか解読できないメモを取りながら、
あっという間の二時間が過ぎていきました。

絵本と一口に言うけれど、
知れば知るほど奥の深いものだということに、
今回も気づかされました。

後半の「読書ボランティアによる読み聞かせ」についての話は、
以前の講演会で、ホンのちょっと触れられただけだったし、
期待していた内容だったので、満足して帰ってきました。
平たく言えば『黒子に徹した読み語りが一番!』という内容です。


午後からの講演で、
自宅からは遠出しないといけない場所での開催だったので、
午前中から外出し、久しぶりに友人とのんびりランチもできました。

「チャーシュー飯とラーメンセット」のランチセットを頂きました。
メニューだけで、お腹がいっぱいになりそうなネーミングですね。
(-m-)ぷぷっ
炭水化物の取りすぎで、体重増加は確実でしょう。
| |д・) ソォーッ…
スポンサーサイト

テーマ : 児童文学・童話・絵本 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。