プロフィール

もこ

Author:もこ
新中一&新高一の娘を持つ母のブログです。お付き合い、よろしく!!

 
◆バトンについて◆

ごめんなさい、受けとりません。
詳しくは、こちらを読んでください。

カウンター


カテゴリー


占い師ドロンくん




占い設定ボタンを押して、
誕生日を入力してね。




ブログ検索


ブロとも申請フォーム


TB people










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書ボのお話です。でもって、本日もぼやきです。

夏休み前に、休み期間に行う作業のことで
暴走直前のメンバーに 私が悩んでいたのを 覚えてもらえているでしょうか

記事はこちら ⇒ ココ

夏休みの最初の活動日に「暴走はない」と、
いとも簡単に判明するのでした。


実際に図書室にある本のデータを作成するため、
本に付けてある「受け入れNo.」を書き出し、
それをもとに、台帳から項目を抜き出して、キーワードを加えて
パソコンへ入力し、蔵書管理&検索利用しようとしていたのです。

一見、地味で大変な作業ですが、
台帳は職員室で管理され、目録も存在しないウチでは、
これが、ベストな「蔵書確認」だろうということで始めました。

書架ごとに担当を決め、一冊ずつ書き出していたとき、
Hさんは遅れてやってきました。
予想どおり、ノートパソコン持参です。

(ノ_-;)ハア…

私が記入し終わった「記録用紙」を入力すると Hさんが言ったので、
二度手間になるし、時間のムダだからと、
本を手にして直接入力してもらえるようにお願いしたのです。
納得して、パソを開いた彼女。

数字のデータ入力だったら、エクセルを利用しますよね
蔵書管理用に準備したプログラムには、
エクセルからだと直接データ移行が出来るし(皆さんに説明済み)
当然エクセル利用だと思ったのです。

が、しかし・・・

彼女が開いていたのはワードでした( ̄◇ ̄;)エッ

ワードって・・・
単に綺麗に数字を並べたいだけだったの
何か、裏技でもあるのかと思って、Hさんに聞いてみた。

「エクセルの方が入力も簡単だし、次の段階へ進むのに便利だよね?」
「私、エクセルって、使ったことないんです。」


┛)"0"(┗ オーマイゴーッド!!



これまでの彼女の主張の仕方で、
すっかりパソを使いこなしているものだと 勘違いしていた私。
エクセルを使ったことも無くて、データ入力云々の話を彼女はしていたのです。
当然、蔵書管理へのプログラム導入がどうのこうのなんて、論外でした。
ヒューンε=ε=ε=(o-ω-)o εミ(ο_ _)ο ドテッ…

私が悩んでいたのって、なんだったんだろう。
それならそうと、簡単に手を打つことが出来たのに。


そして、もっと驚いたことが。

こんな感じで入力したらいいですよと、彼女が差し出したA4サイズの用紙。
そこには、「タイトル・作者・受け入れ番号・詳細」が入力できる
ワードで作った一覧表がありました。
「これで、探す本が簡単に見つけられますよ。」

えっと・・・

ワードで入力して、どうやって何千冊もの本をキーワード検索するんでしょうか


彼女なりに、とても一生懸命に考えてくれたのだと思います。
でも、プログラムは既に準備してあるって話、してありませんでしたっけ
それに、蔵書管理&検索のための項目って・・・
私、頼りなくても有資格者なんです。
それなりに専門分野のお勉強をして、実習もつんで資格を頂いたんです。
それに、今も、自分なりに勉強してるつもりなんですよ。
なのに、なのに、
私が準備したものでは、使えないって事でしょうか。
軽くショックです。 (=;ェ;=) シクシク

まさか、この作業を行うに至った経緯や、どのように準備して、
どういう作業をしようとしているのか、話し合い、
資料を全部見せ合ったことを、忘れてるなんてことないですよね?


暴走はないと見ましたが、活動についての話し合いの内容を
覚えていない理解していない彼女との付き合い方に、
また、頭を悩ましそうです。

だれか、Hさん担当になってくれないかしら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。