プロフィール

もこ

Author:もこ
新中一&新高一の娘を持つ母のブログです。お付き合い、よろしく!!

 
◆バトンについて◆

ごめんなさい、受けとりません。
詳しくは、こちらを読んでください。

カウンター


カテゴリー


占い師ドロンくん




占い設定ボタンを押して、
誕生日を入力してね。




ブログ検索


ブロとも申請フォーム


TB people










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学校の謝恩会は、保護者主催で、開催方法はその年によって違います。
今年の6年生は、行うことで話が進んでいました。

児童数が少ないので、今年の6年は役員の仕事の内、卒業関連の仕事を、
保護者全員で分担し、どれかの責任者となって、協力しあうことにしていました。

卒業記念品アルバム、卒業式につけるコサージュ、担任への感謝の贈り物色紙
全てが順調に終了、また発注済となり、最後に残ったのが謝恩会でした。
担当責任者は、AさんとBさんの二人です。

ちょこちょこつついていたにもかかわらず、
二月になったというのに、何の話も出ないので、痺れを切らした役員相方が
AさんとBさんに声を掛けていました。
それでも、動きがなかったので、
ちょうど、別の学校行事で保護者が集まる機会があった折、
行事終了後に、6年保護者だけ残ってもらえるように、連絡網を回しました。
その時に、謝恩会の話をしてほしいと、Aさんに伝えて・・・

当日、6年保護者は全員集まってくれました。
そして、「バイキング」だけを決定し、期日、時間、場所優先か金額優先か
などなどは、細かく話し合い、先生の都合と合わせるようにと、
あとはAさんとBさんに任せました。

そして、数日後、出てきたお店はピザ店でした。
「バイキング」はどこへいった??
しかも、夕食だというし、ピザとサラダと飲み物で終了はどうかと。
もう一つ言えば、ミルクアレルギーの人がいて、ピザは食べられないんです。

夕方の謝恩会なら、それ相当の量が必要ですよね?
バイキングの一品にピザがあるのとは、わけが違います。

当然のように、他の保護者からのブーイングが、クラス役員に集まりました。
これはなんとかしないと。

決められた日の夜しか先生の都合が付かなかったのか、まず、確認しました。
答えはNo.先生は、その日(休日)は何時でもOKということでした。
また、話をよく聞けば卒業式当日の午後でも大丈夫だと。

担当を決めて、任せた以上はあまり手をだしてはいけないと思うのですが、
あまりにも、皆の意見を無視していたし、何より先生の都合がゆるかったので、
もう一度仕切り直しをすることになりました。
が、私は中学の方で忙しかったため、相方にお任せしてしまいました。


相方が奔走し、日時も変更、
卒業式当日の昼食を、ケータリングしての謝恩会と決定しました。


うちの小学校の、6年クラス役員はとても忙しいです。
なので、役員にだけ負担がかからないようにと、
全員一致で卒業関連の仕事をばらしたのですが、これでは意味がありませんでした。
後で聞いた話では、Bさんは相方に時々相談をしていたそうですが、
Aさんが暴走して、一人で勝手に決めてしまっていたと。
Aさんは、Bさんの話は聞かず、隣の小学校の保護者たちに相談していた。
ということもわかりました。


これまで六年間、ずっといっしょに子どもたちを見てきた保護者たちです。
一クラスしかないから、協力を惜しまず、皆でなんとか都合をつけて、
いろんなことをやってきました。
その中で、異質なのがAさんでした。
「口はだすけど協力はしない」という、タイプの人。

Aさんは、自分が決めたことをひっくり返されたと思っているかもしれません。
ですが、ここで、今まで自分が協力しなかったことが、
こんな結果を招いたと気付いてほしいと思いました。

小学校生活最後の行事ともなる謝恩会が、
和やかに開催されるのを祈るばかりです。
この時期、子どもがいると必ず話題になる役員決め。

中学校での本部役員選出のお話しです。

それぞれの小学校区から役員が選出されるのですが、
ウチの小学校区の役員さんが 今年度で交代になります。
新しい役員に選ばれる対象は、
新中一と新中二の母親で、任期は2年。

話し合いで、Kさんが選出されました。
新中二のお母さんです。
PTA活動にも積極的に参加し、とても協力的な人なので、
この方ならと、私も思いました。

しかし・・・

地区の選考委員に任せられた選出に、
本部からクレームがついているようです。
理由は、Kさんが母子家庭であること。

確かに、Kさんはフルで働いていて大黒柱かもしれません。
ですが、ご両親と同居しており、そのご両親もまだ60代半ば。
とても元気でいらっしゃいます。
そのため、
「フルで働いているお母さんと、なんら条件は変わりません。
むしろ、動きやすいかもしれません。」
とKさん本人も言っています。

どこか、不都合があるのでしょうか?



社会では、働く女性が多くなっています。
そういうお母さんたちでも参加できるPTAにしなきゃいけない。
働くお母さんの気持ちがわかる人が本部にいることは、
とてもいいことではないのではないですか。


人を見ないで、母子家庭であるというところを見ている
本部の考え方に、賛同できません。
先日の日記に書いたのは、まさか、もしやの、老眼初期症状
ε=ε=ε= 。・゚(゚ノT-T)ノ

そして、今日は 『 歯 』

定期健診に通っているのですが、ちょっと前に前歯の指摘を受けていました。
その前歯は、差し歯です。

社会人になりたてで、一人暮らし。
お金の余裕なんて、全くない頃に作ったので、
保険適用の安い物が精一杯でした。
その前歯を そろそろ交換したほうがいいと。

変色してきているのもそうなのですが、
歯茎が少し痩せてきて、歯茎と歯の間にスキマができているのです。
ここに歯垢がたまりやすく、菌が入りやすい状態になっており、
遂に虫歯になりかけています。

神経がないので、痛みは無いのですが、
もう、放置しないで替えないといけません。
よりによって、ダブル卒業ダブル進学の時期に・・・
щ(´□`)щ オーマイガーッ!!

ダブル進学の話は先生もご存知なので、
出来るだけ ( お金を支払う ) 時期をずらせるようにと
歯の掃除の期間を短くしたり、進行止めをぬってくれたりと
手を尽くしてくださっているのですが、
何ヶ月も先送り出来るものではないし、覚悟を決めないと


諭吉様が、我が家にいっぱい遊びに来てくれないかしら。
入試は2月1日金曜日でした。

土日は受験のことをしばし忘れていた中学娘。
ダメかもしれない、という気持ちが大きくて、
「入試のことは、何も聞かないで」と、言いました。


「合格してるよ。アレだけ頑張ったんだから♪」
と、親が堂々とすることで、
娘が落ち込まないようにと、振舞っていました。
内心は、とても心配だったのですよ。


週が開けて水曜日。
お昼に、電話が鳴りました。

「あのね、お母さん。H高校だけどね、合格したよ。」

始めに聞こえてきた中学娘の声が、泣き声だったので、
ダメだったのか・・・と一瞬思いました。
でも、合格でした。


塾に行かなくったって、進学校に合格できるんだと、
塾生に負けたくないんだと、
信念をもって自宅学習で頑張ってきた中学娘。
中学娘が選んだ高校は校訓がなく、
自分でどういう人間になるか考え「自ら学ぶ」学校です。

これから中学娘が、どんな高校生になるのか楽しみです。

ブログを更新していない間に、中学娘の入試がありました。

本命校です。


中学娘の学校からの受験者数が少ないため、
先生の代わりに、引率を依頼されていました。

本番当日。

受験者の体調を確認し、校舎へ入るまで見届けて中学へ連絡。
その後は、引率者控え室で待機していました。


文庫本を持参していたのですが、
時間の流れがとても遅い気がしました。

他の引率者の方たちも、
本を読んだり、編み物をしたり、それぞれに過ごされていましたが、
皆さん落ち着きなく、何度も時計を見ていました。

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

試験終了。

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

中学娘の感想は、「難しすぎ。ダメかも。」


合格発表の日まで、心ここにあらずで過ごすことになりました。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。