プロフィール

もこ

Author:もこ
新中一&新高一の娘を持つ母のブログです。お付き合い、よろしく!!

 
◆バトンについて◆

ごめんなさい、受けとりません。
詳しくは、こちらを読んでください。

カウンター


カテゴリー


占い師ドロンくん




占い設定ボタンを押して、
誕生日を入力してね。




ブログ検索


ブロとも申請フォーム


TB people










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月に入ってから、バタバタと過ごしています。年末だというのに、大掃除も年賀葉書もまだです。

さてっ、先週のことですが、小学校と中学校の授業参観に行って来ました。
授業参観は、担任の方針なのか、先生の方針なのか、全く逆の構成でした。


小学校は「発表形式」で、見せる授業でした。
詩の暗唱、演奏 etc.そして、行事の多い二学期で、保護者がみることのできなかった社会見学や職場体験、宿泊体験などのビデオを見せてもらいながら、子ども達の発表を聞きました。
みんな、活き活きとしていましたよ。
二学期に頑張ったことを本人たちの口から聞き、映像でも見せてもらって、こんなことしてたんだな、頑張ったんだなって、とてもわかる授業参観でした。


中学校は「普段通り」
いつもの授業風景を見てください、ということで、「学活」の授業は「進路」について行われました。
それぞれがプリントの設問に回答し、グループでみんなの答えについて話し合い、発表する。という授業でした。


プリントに示された事柄に記入し、自分の行きたい高校を見極めていくというもののようでしたが、保護者には、プリントの内容が全く示されませんでした。
黙々と記入する子どもたちの背中を見ること20分。

グループで話し合っている時、やっと先生がプリントを保護者に見せてくれました。
参加者が10数名いたのに、たったの3枚。
うち一枚が「保管用」らしく、パンチで穴が開いていました。
保護者用は、準備してなかったんでしょうね。

この対応って、どうなのかなぁ。
いくら「普段通りの姿」を見るって言っても、すこしくらい保護者に気を使ってくれても・・・
こんなことしてたら、保護者は授業参観には来なくなるって、思わないのかなぁ。
あっ、来て欲しくないとか( ̄o ̄;)ボソッ



他の小中学校は、どんな授業参観をやっているのでしょうか?
こちらの中学(娘のクラスだけかもしれませんが)のような参観って、中学では多いのでしょうか?
・・・( ̄  ̄;) うーん


朝、旦那からの携帯メールの着信音で目が覚めました。

「14:00着の飛行機で帰ります。」

出張中の旦那は、明日、帰宅予定だったのですが、順調に仕事が済み、一日早く帰宅出来ることに。
休日だし、一度いつもの時間に目覚めたけど、二度寝して、いい気持ちだったのに・・・ 
|"-;) チラッ

結局、部活がお休みだったRinもジュエルもいっしょに、旦那を迎えに行くことにしました。
でも、今日は最高気温8度、最低気温8度という日だったんですよね。気温が上がらず、強風が吹いていたから、体感温度はとても低かったです。
おまけに雨ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!
雨が降っている強風の日は、高速は走りたくありません。
しか~し、通らないわけには行かず・・・
必死の思いで、高速に乗りましたよ。

北に向かって走ることになるんですが、雨がそのうちみぞれ交じりになり、ちらほら白いものが舞うのが見えました!
だぁぁぁぁ~
やめてくれぇぇぇ~

年に数回しか見ない雪。
綺麗だと思うけど、慣れない高速では不要です(泣
幸い、すぐにやんでくれたけれど、
明日は、くもり時々雪の予報で、またまた一桁気温です。

そして、とっても運がいいことに、
明日は「旗持ち」当番なんです。
なんでそんな日に・・・(ノ_・、)シクシク

明日は、二重靴下に厳重装備で向かわねば。
中学娘の期末テストの結果が返ってきました。

ジィーー・・ (;・_・)・_・)・_・)・_・)・_・)…

5教科で450を切っていない。C=(^◇^ ; ホッ!


中学娘は二年生。
多くの子が塾へ行く中で、部活に熱中し、学習塾へは行かず、ピアノと英会話を習っています。
塾へは行きたい気もするけれど、部活に行けなくなるのが嫌だとの本人の希望もあり、通信講座だけで頑張っています。

この状態で、上記の成績なら、部活を引退してから塾を考えても、なんとか上位を保って推薦をねらえるか・・・ と母は一発勝負の受験だけでなく、ワンクッションを狙っているのですが、果てさて。(-ω-;)ウーン
(今のところ、うちの中学からは2~3人しか合格者が出ない高校を狙っています。まずは、望みは高く



ところで。

娘の中学では、成績表はもらうのですが、学年順位はわかりません
クラス順位もそうです。
自分の得点と学年平均、それに、各教科は10点ごとに何人その範囲にいるかが示されます。
例えば、90~100点は10人、80~89点は15人など。
5教科だとこれが50点ごとになります。
それで自分はどの位置に居るのか、だいたいの見当をつけるのです。

これで全体の分布図?がわかるのですが、二極化が見られる教科があります。
それは英語
平均点前後の点数の子は少なく、80点以上と40点以下に分かれていました。
この現象は、ウチの中学だけでなく、殆どの中学で見られるとか。

英語は中学に入ってから同じスタートを切るはずなのですが、二年もたたないうちに、得手・苦手に大きく分かれてしまうのですね。


受験を視野に入れ始めた中二の二学期。
先生も危機感を持ったようです。
この期末テストの結果を受けて、特別授業が始まりました。
朝の自習時間+昼休みで、一日一時間、
一年の最初からの再授業を行っているそうです。

希望者ということでスタートしているけれど、
強制受講者もいるそうで・・・


英語が得意な中学娘なので、特別授業には出ていませんが、「今」大丈夫なだけで、この先はわかりません。みんなが特別授業を受けている間、友達が居なくてだというので、「その時間、あなたは英語の絵本でも読んでいれば?」とアドバイスしてみました。
英語の教科書じゃないところが、私のアドバイスです。(-m-)ぷぷっ


三学期はじめの実力テストで、この特別授業の成果がでて来るんでしょうね。

今なら十分取り戻せます。

一年後「英語で失敗した」なんて
言わなくていいように、
みんな、く( ̄Д ̄)ノガンバレーーー♪ 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。