プロフィール

もこ

Author:もこ
新中一&新高一の娘を持つ母のブログです。お付き合い、よろしく!!

 
◆バトンについて◆

ごめんなさい、受けとりません。
詳しくは、こちらを読んでください。

カウンター


カテゴリー


占い師ドロンくん




占い設定ボタンを押して、
誕生日を入力してね。




ブログ検索


ブロとも申請フォーム


TB people










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回にひきつづき、Aちゃんのお話です。

昨日、いきなり学校へきたそうです。
「修学旅行へ、行こうかなと思って」だそうです。

昨日は、修学旅行直前研修の日で、授業はありませんでした。
修学旅行の最終打ち合わせなど、午前中で済ませて午後は帰宅です。

中学娘は、とっても楽しみにしていたのに、ちょっと静かでした。
「Aちゃんが明日は来るって張り切ってたよ。」
「クラスのみんなは、最初、唖然としてた。」

怪我をさせたお友達には、未だに謝罪はないそうです。
怪我をした中のひとりと 同じ班になっているのですが、
Aちゃんとどう接したらいいのか、複雑だよって、言っているそうです。

中学娘は、行動班は違うのですが、係りが同じだとか。
お友達と同じように「複雑な心境」だそうです。

今朝は、なんとかなるさぁ~楽しんでくるね、と言って
元気に旅立っていきました。
さてさて、どんなお土産話がきけることやら。


Aちゃんも、そのまま登校してくれるようになったらいいなと
思います。
中学娘のクラスにいる不登校のAちゃん。
大変なことになりました。

以前の記事はこちら
 
修学旅行を目前に、Aちゃんを復帰させるべく、
朝から同じ地区に住む子たちが、お迎えに行くことになったそうです。
毎朝、何人もの子達(女の子ばかり)が早めに行って、
寝ていれば起こすところから、朝食を食べるところまで
根気良く付き合うのですが、どうしても来られませんでした。

あと、もう少しだから・・・

そういうふうに中学娘から聞いた翌日、クラスのみんなが怒った話が一転しました

クラスメイトが迎えに行って、さあ、今日は玄関まできたぞ!と思ったら、
Aちゃんはそのまま自室に戻り、CDをかけて歌を聴き始めたそうです。
クラスメイトがいないかのように無視して。

その日、クラスメイトたちは遅刻しました。
もちろん、遅刻扱いにはなっていませんが、そのくらいギリギリまで
彼女達はAちゃんを連れてこようとしているのです。

なのに、Aちゃんの行動は、クラスメイト達に反感を買ってしまいました。

まずいな・・・

私がそう思ったのも一日だけで、今朝はもっと凄かったそうです。

昨日、Aちゃんの行動に怒りを覚えたクラスメイトたちですが、
今日も迎えに行きました。

すると・・・・

ドアを開けて、最初にAちゃん宅へ入った子が、いきなりAちゃんから殴られました。
その後に入った子達も、叩かれたり、蹴られたりして、玄関から追い出され、
最後にはAちゃんも玄関から出てきて、みんなにつかみかかって来たそうです。

実は、担任と学年主任の先生も、それぞれ毎朝Aちゃん宅の近くに車を停めて、
少しぐらい遅くなってもいいように、
みんな(Aちゃんも含めて)を学校まで送るために待機していたのです。
その先生たちも異変に気づいて、止めに入ったらしいのですが、
「どけよ、このクソババァ」と、Aちゃんからなじられたそうです。

Aちゃんは続けました。

「お前ら私に何をしたか分かってるのか。
お前らの誰かが死んだら許してやる。」


哀しい言葉です。




Aちゃんは、自分が学校に行けなくて苦しんでいるのに、
他のみんながヘラヘラと学校へ行っているのが許せないと言ったそうです。

いったい、何処でどうしてそういう話になったのでしょう。

原因となったクラスメイトとは、和解したのではなかったのでしょうか
本人もそういっていたはずなのに、もう、わけ分からない。と中学娘は戸惑っています。

学校を休んでいる間に、自分の陰口を言われていると耳にした。
それもAちゃんは許せないのだそうですが、
いったい、そんなこと、誰がAちゃんに話したの
わざわざ話す子がいたの
被害妄想じゃないの

私には本当のところは分からないけれど、
今のやり方では、もうAちゃんを救うことは出来ないでしょう。
迎えにいっていた女の子達は、みんな怪我をして登校して来たそうですから・・・


私は、中学娘が話すことを聞いてやることしか出来ないけれど、
いろんなことを感じて、考えているようです。

修学旅行を、中学娘達は心から楽しめるのでしょうか・・・

続きを読む>>

私が疑問に思ったことがあります。
Aちゃんの両親です。
中学娘の話には、Aちゃんの両親が出てきません。
お迎えにいっていたクラスメイトから、
両親がAちゃんを止めに入ったという話がないどころか、
家から出てもこなかったらしいのです。

どういうこと?

表で娘が暴れているというのに・・・
何人ものクラスメイトと、先生に怪我をさせて、平気なのでしょうか。
まさか、不在ってことは、ないですよね?
しばらく聞いていなかった担任のな話を、
中学娘から、まとめてドーンと聞いてしましました。

その中でコレだけはちょっと・・・・と思った話です。

ホームルーム終了の挨拶の後、先生がA君に封書を渡しました。
みんなはまだ机に座っている状態のときです。

「A君、これをご両親に渡してね。必ず見てもらってね。」
「何ですか?これ。何で俺だけ?」
「大切なことが書いてある手紙です。」
「封するくらいに大切なものなんですか。」
「そう、とても大切なものだから、忘れずに、帰ったらすぐ渡すんですよ。」

先生が教室から去った後、A君はとても気になったようです。
封の閉じてある学校名の入った封筒を、
すぐにカバンに入れず、すかしてみたりして握り締めていたとか。

そんなA君に、クラスメイトは無責任に、色んな事を言ったようです。

「親への呼出状だ!」
「お前、何かやったんじゃないか?」
「修学旅行に来るなとか。」


もちろん冗談で言っていたようですが、A君はますます気になり、
その封筒の封を開けてしまいました

そして、中に入っていたのは

給食費支払いの督促状

Σ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン!!
A君は顔を真っ赤にしてうつむいたそうです。

クラスメイトもそこから先は何も言えずに・・・
(- -) (- -) (- -) (- -) シーーーン


中学娘は、
「A君だから、その後も自分で明るくしてギャグにしたし、
他の皆も その話に触れなかったけど、
他の子だったらどうなっていたか分からないよ。
私だって、そんなもの皆に見られたら、もう学校へ行けないかも。」

と言っていました。

そうですよね。
明るい性格のA君だから、それで済んだのかもしれませんね。
(実際は、すごく恥ずかしかったでしょうけれど)
でも、中学娘が言うように、人によっては・・・



給食費の督促状を、生徒(児童)に渡すこともどうかと議論されているのに、
(ウチの市での話です)
いくら封がされているとはいえ、みんなの前で渡しますか
しかも、意味ありげな言い方で。


三度、四度と繰り返される担任のな行動に、
ますます不信感が募っていきます。

ウチの担任の好感度をアップするような話はないのか
キョロ^(・д・。)(。・д・)^キョロ


来週から、中学娘は修学旅行に出かけます。
何も起こらなきゃ良いけどと、ただ祈るばかりです。
今日の内容は、障碍児の普通校在籍について
私が感じていることです。

不快に思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、
あくまでも、ウチの学校にいる子について、
私が感じていることを書いていますので、
先に、ご理解いただいてから、お読みください。





ウチの小学校に、「自閉症」+「ADHD」+「LD」という子が在籍しています。
特別クラスではなく、普通クラスにです。

昨年度まで二年間、本部にいたことで、ほぼ学校へは日参していました。
本年度も、図書ボに所属しているので、
最低、週に一度は学校で作業をしています。
そんな私が見たまま、感じたままのことなのですが・・・


仮にその子をAくんとしますが、テレビドラマで見るような自閉症ではありません。
どちらかというと、ADHDの方が強いようで、行動が奔放でよくしゃべります。


高いところが好きなので、先生方もそれがとても困るようです。
よく木に登っています。
ベランダの手すりに上ろうとしています。
それから、脱走もします。
授業中でも、関係ありません。

もちろん、先生方は注意を払っていると思いますが、
何にせよ小規模校で、先生の数もいっぱいいっぱいです。
担任を持っていない先生は専科の一人、あとの先生は
事務と保健の先生、校長と教頭、これだけなのです。
A君をずっと見ていられる状態ではありません。


他の子のように、「ダメ」と注意しても分からないのです。
我慢もできません。
ドアが閉まっていても、窓を乗り越えて外に出る。
トイレがしたくなれば、校庭であろうと立ちションしている。

そして、先日は体育館の屋根に登ってしまいました。
正確には、体育館の入り口の屋根なのですが、
それでも、2メートル以上の高さがあるところです。

どうやら、外階段の踊り場から飛び移ったようなのですが、
それも授業中。
ちょうど私たちが図書ボ活動中の時で、
教頭・担任・保健の3人の先生がマットを引いたり、
階段から屋根に移ろうとしたりしているところだったのです。

さて、お気づきでしょうか?
授業中、担任がそこにいるのです。
クラスの子ども達は、教室に置き去りですよ。



図書室が好きなA君。
私たちの作業中にもやってきて、一人、本(図鑑)を見ていたりします。
もちろん、授業中です。
ココには、誰も、先生がいません。
私たちが居るから大丈夫だと思われている??
こんな時には、時折先生があらわれて、課題を置いていったり、
様子を見に来たりしています。
担任がちょこちょこ来るんですが、そんな時、やっぱりクラスの子達は置き去りです。


日常化している「中断される授業」を受けている子ども達は大丈夫なのでしょうか?

普通校に障碍児を受け入れることが推奨されているようですが、
A君の行動を見ている限り、これは、その子の障害のレベルと
受け入れる学校の規模の問題があると思うのです。
A君のレベルでは、ウチの小学校の規模ではムリがあると思うのです。
学校の規模というのは、先生の数という意味です。



確かに、A君にも教育を受ける権利があります。
でも、それはクラスメイトだって同じ事ですよね?

A君のお母さんはいいます。
「もっとうちの子を理解して、もっとよい環境を作って。」

でもね、普通クラスでの教育を望んだのは、A君の両親です。
充分な環境を望むなら、ここに来るべきではないと思うのです。

予算の少ない小さな学校で、彼一人のために使われているお金がどれだけあることか。
細かいことは書けませんが、彼が暴れて破損した学校の備品は、
学校の予算で買い換えられているのです。
全校生徒に使われるべきお金が、
彼のためだけに使われていることだってあるのです。
それなのに、「彼のためだけの環境つくり」を親は求めているのです。
おかしいと思いませんか?


誰だってわが子はかわいいです。
A君の親がそうであるように、私もわが子がかわいいです。
A君のクラスメイトの親だって、そうですよ。
いつまでもこんな状況が続くようであれば、
勉強が難しくなってきた時、クラスメイトの親が声を上げるはずです。
(実際、私が本部にいる時、何人かの方から相談を受けました。)
そうなってしまって、親同士の関係もこじれてしまわないうちに、
A君は専門の先生がいるところへ転校したほうが、
彼のためにもいい、と私は思うのですが、A君の親はそうではないみたいで・・・


この日記は、意見を求めるものではありません。
何処にもぶつけられない私の気持ちを綴ったものです。
長い文章を読んでくださって ありがとうございました。

続きを読む>>

小学娘が大好きな図書室の本が、
彼のために、大幅に移動させられました。

子ども達みんなのために・・・ と図書ボのメンバーで手入れした本たちです。

納得いきません。

本が好きな彼のために、本棚一つ分の本が、
彼の教室へ持ち込まれたのです。
A君が教室に居やすいようにだそうです。

本が豊富にある図書室ならいいですよ。
でも、基準以下なんです。
しかも、彼が好んで持っていたものは、人気のある本ばかり。

読みたい本がなくて、しょんぼり帰っていく子ども達を見るのは、
私も悲しいですし、それらの本は、彼のためだけに買ったものではないということを、先生だって分かっているはず。
でも、そうしざるを得ないところまで来ているのでしょうか?

A君の両親は、これを当たり前と思っているのか、
ありがたい、申し訳ないと思っているのか、聞いてみたいです。
修学旅行を控え、中学娘とお買い物に出かけてきました。
贅沢にも飛行機を使うんですよ。
まっ、最近では当たり前なんでしょうけどね。

飛行機へは ペットボトルの持ち込み禁止で(テロ対策だそうな)
水筒を持参するように との連絡があっていました。
しか~し、中学娘はこの夏に、水筒を壊してしまい、
時期はずれだし、ペットボトルで良いよ。みんなそうだし。
と、水筒を持っていないんです~(=^‥^A アセアセ・・・

そういうことで、水筒も選んできたのですが。

あまり種類は多くなかったけれど、
不細工じゃなければいい と言っていた中学娘
特価になっていた500mlのステンレスボトルを選びました。
598円と安くなっていたものが、さらに398円になってたんです。
コレにはキャー!ビックリ!! (*゜ロ゜)ノミ☆(;>_<) バシバシ

色もかわいいパープルをチョイスしてレジへ・・・

598円いただきます」

( ̄◇ ̄;)エッ

もしかしたら、ポップの期間が過ぎていたか
隣の商品だったかもしれないと、とりあえず598円支払って、
中学娘に、もう一度商品棚を確認させにやりました。

「お母さん、まちがいない。398円だったよ。」

レジには何人もならんでいたし、レジ係はパートらしき人だったので、
そばで作業していた制服(正社員?)の店員さんにレシートを見せて
言いました。

「この水筒は598円だと言われ支払ったのですが、
398円の間違いじゃないですか? 確認願います。」

店員さんは確認すると「申し訳ありません、398円です。」
と、先ほどのレジ係へ説明していました。

レシートはそのまま店員さんからレジの人へ。

398円の間違いでしたので、140円の返金です。」と、新しいレシートを渡されて、
そのレジ係はすぐ次のお客さんの精算を始めました。

これ、598円払ったよね?とRinに言うと ウ・・ ウン(・_・;)ここで、何かを悟ったRin。
「お母さん、60円くらい私があげるから、もう離れようよ・・・」

中学娘は私を「クレーマーもこ」にしたくなかったんですよね。
しぶしぶその場を離れたんだけど・・・

ね~、このレジ係、どう思います
まず、「間違いでした」の後には、「申し訳ありませんでした」って、
謝罪すべきじゃないですか?

これもなかったから、ちょっとカチンときちゃったんですよね。
しかも、598538って、見間違うかなぁ?
ちゃんと口頭でも598円支払ったって、言ってるのに
(# ̄З ̄) ブツブツ


今日のレジを閉めた後に、60円の違いが出るはずですよね?
どうするんだろう・・・

中学娘には悪いけど、やっぱりお店にクレームつける???

午前中に、玄関前に提げる「ハンギング」を二つ作ったりして、
お庭でヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪している時に、
「こちらは市役所です。今日は○○地区の住民検診・・・・」
と放送がありました。

ハンギング

作ったハンギングはコレ。
欲しかった花苗がなくて、後から追加するのと、
株の成長を考えたら、ちょっと淋しい感じになりました。



すっかり忘れていたけれど、午後からは特別な用もないので、
住民検診へ行ってきましたよ。

身長は変わってない。体重はモゴモゴ。
尿検査血液検査問診心電図
診察胸部X線撮影。これだけ済ませて一時間

受付に居たのは、近所に住んでる保健婦さんです。
事前に渡された問診表を記入してから提出すると、
「あらっ、もう○才なのね~。○才ぐらいだと思ってたよ。」
って、大声で・・・恥ずかしいじゃないですか。
ポッ(〃 ̄ ̄ ̄ ̄(エ) ̄ ̄ ̄ ̄)人( ̄ ̄ ̄ ̄(エ) ̄ ̄ ̄ ̄〃)ポッ
検診結果は後日郵送されてくるんだけど、
今日はおまけがありました。

最後に「体脂肪」を計りますよって。
エッ? (;゜⊿゜)ノ マジ?

毎日、家庭用体脂肪計に乗っている私。
大体の数値は知っています。
私、見た目より凄いんです

保健婦さんといえ、近所の人に「体脂肪」は秘密にしておきたかった。
( ̄_ ̄|||) どよ~ん

でも、乗らなくちゃね、恐る恐る乗ってみました。

ヽ(-0-ヽ)Ξ(/-0-)/ えー
自宅で計るより何パーセントも少ないじゃないですか
家庭用で乗るだけの体脂肪計は、下半身を中心に計ると聞いたことがあります。
ということは、やっぱり私「正真正銘の下半身デブ」なんですね。

数値が低くて嬉しかったけど、突きつけられた真実は、
とてもショックなものでした。
今日からまた、下半身ヤセの体操を強化せねばっ

歯科通い

今日で度目の歯科通院中です。

年度初めに見つけた、奥歯の欠け
ほんの少し、舌が引っかかるかな?程度でだったので、
忙しさのあまりに、放置していましたヾ(ーー )

アレから数ヶ月、小さな穴となり、食べ物が詰まるようになったけど、
まったく痛みもしないので、食後に歯間ブラシでチョイと取って
またまた放置してましたヾ( ̄o ̄;)

いい加減、歯科へいけよ自分、と思いながらも、
やはり、時間をつくるのが面倒で・・・

一ヶ月ほど前、フロスを使用中に、他の場所に違和感をありました。
引っかかるし、フロスを入れるとちょっと痛みが走ったり(^^;;
さすがに、これはまずいと早々に「歯科予約」を入れて、
今日も治療へ行って来たところです。

フロスで痛みを感じた左上奥と、穴がある右下奥とが
予想どおりに治療対象で、左上から治療を始めています。

思ったより軽傷?だったけど、場所(歯間)が悪くて、
隣の歯のかぶせ物を取らないと治療出来ないらしく、
ただ今、左奥歯で物がかめない状態です。
右の奥歯は穴が開いてる・・・

私の「食欲の秋」は、現在50%ほど消化不良で、
おもいっきり楽しむことができません( p_q)エ-ン
もっと早く、通院すべきだったよ。

今頃言っても、後の祭りですが、
とにかく、早く治療が終わって、思いっきり何でも食べたい今日この頃です。




しかし、どうして歯科って、週に一度しか予約を入れてくれないんだろう。
治療に「時間を置く」必要がないなら、チャチャっと済ませて欲しいな。
・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

逃げるぞ!

私、非常に田舎に住んでいます。
自然環境的にも、文化的にも・・・

やたらと地域の行事が多いところなのですが、
は・・・秋は・・・
はっきり言って「長期旅行」に出かけたいほどです。

何がイヤかって、不得意なこと、嫌いなことを「強要」されることですよ。
私、スポーツが嫌いです。
嫌いって言うか、地域でやるのが嫌いなんです。
理由はイロイロあるけれど。
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ...

スポーツの秋っていうじゃないですか。
お盆明けから九月いっぱいまでは、毎週日曜日の夜、
地域の班別で、ミニバレーのリーグ戦が行われていました。
毎週日曜の夜です。
とても、迷惑です。
サークル活動やママさんバレーじゃないんだから
「強要」しないでほしい。

私は、結婚してココに来てから、一度も出場していません。
(応援には行きましたが)
かたくなに、拒否しています。
最初はイロイロ言われたけれど、他の活動には真面目にでているから
最近では、やっと言われなくなったというかなんというか。

やっと、そのリーグ戦の期間がおわったのですが、
今度は「体育の日」ですよ。(キ▼д▼;)トホホ・・

これまた地域対抗のバレーボール大会があります。

はい、これは本日です。

リーグ戦に比べたら、たった一日だけど、
何も連休の真ん中にやることないじゃない。

旦那を人質に差し出したけど、なんだかなぁ。


高齢者が多い農村部なので、娯楽がない、交流がしたい。
まっ、そんなところなのでしょうが、
私たち世代以下の サラリーマン家庭からは、
あまりの行事の多さに、改革を訴える人も多くいます。
「嫁」の立場では、発言力もないので、
地元出身の、地元男性に、期待しているのですが、
まだまだ自治会は「ジジババ」世代が幅を利かせているから、
早く世代交代して欲しいなと、思う今日この頃です。


体育の日のバレー大会が済んだら、
次に待っているのは、来週のピクニック
でもって、11月の頭には自治会運動会
運動系だけで、この頻度って、どうよ。
あと、お祭り系もあるんですが。
((((o ̄. ̄)o ・・・・・・・・ミ(ノ;_ _)ノ =3 ドテッ




念のために言っておきます。
基本的に、スポーツは嫌いじゃないです
これまで、部活やサークルで、いろんなスポーツやってましたから。
嫌いなのは「地域で」スポーツ活動すること。です。



さて、旦那も出かけたし、ジジババも出かけた。
帰宅した時に顔を合わせるのはイヤなので、
出かけてきますね(←確信犯です)

( ̄(エ) ̄)ノ>゜*)))>彡"オサカナフリフリバイバイ♪
台風で草花が壊滅状態になってから、はや三週間。
ちょっとづつ、花壇に手を入れてます。

生き残ったマーガレットは、枯れた葉を全部落とし、
枝をカットしたら、新芽が出てきました。
ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪
葉先が枯れてしまったアガパンサスも、根がはっていたので大丈夫なはずです。
庭の再生に伴い、移動させました。

  マーガレット
  アガパンサス

↑は、元気だった頃の「マーガレット」と「アガパンサス」です。

庭の再生 
そうです。こんなことしちゃいました。 ( ̄ー☆キラリーン

土の再生


いつも何かしら花を植えていたので、土の手入れが出来なかったんです。
花が無くなったので、コレはチャンスとばかりに、
スコップで掘り起こし、ふるいで小石や草の根を取り除き、
日光消毒してから、石灰を混ぜたところです。
後は、新しい土を買ってきて、混ぜ合わせてから広げれば、
庭土の再生完了

四日もかかっちゃって、毎日が筋肉痛だったけど、がんばりました

ちょっとでも憧れのイングリッシュガーデンに近づくべく、
ボチボチとお花を植えて行きたいと思ってます。

えっと、
花壇の向こう半分に、和花のスペースが残っていることは、気にしないで
なんとかうまくコラボさせていきます。たぶん。

花盛り(になる予定)の春が、楽しみです。
前日に見た天気予報は・・・

朝の段階で80% ( ̄△ ̄;)エッ・・?

昼には60%   ( ̄~ ̄;) ウーン

夕方には 午後から時々雨の予報 …o(;-_-;)oドキドキ

夜には 昼前に雨の予想が移動 ( ̄□||||!!

深夜には午前中、早い時間が・・・・ ヾ(;゜曲゜)ノ ギャアアーー!!

降水確率は低くなってきたものの、時間別の予報を見ると、
運動会の最中に降る確率が高くなって来てました。

それでも、何故だか開催される予感がしていて、
お弁当の下準備を済ませて就寝( ¨)( ‥)( ..)( __)ZZZzz


五時に起きて、空を確認してからお弁当の準備開始です。
中止の時には電話連絡が6:00と、
放送での連絡が6:30にあるようになっていました。

6:00頃にはパラパラと雨が降り出したので、
どうだろうかと思ったけれど、連絡はなく、開催されることとなりました。
小学娘が登校する頃には、雨は上がって
スポーツするにはいいくらいの気温になっており、
前日までの暑さがウソのようでした。


いつもはジジババの分だけ テントに席取りをするのだけれど、
今回は雨が降ったら濡れちゃうので、自分達の分のしっかりキープしました。
そう、珍しく、行事のある日曜に旦那が居たのですよ。
私が出場予定だったPTA競技は、二つとも旦那に振りました。
♪♪v(⌒o⌒)v♪♪イエーイ

心配された雨ですが、入場行進のときにパラついただけで、
その後は曇り空ながら、なんとかもってくれました。


ウチの小学校は 全学年一クラスの小規模校です。
その人数でお弁当を挟んで午後まで競技をするのですから、
プログラムには、いろんな工夫があります。

まず短距離走
スタート前に、全員が自己紹介して、目標を言ってからスタートするのです。
マイクを向けられて、より緊張する子もいるようですが、
これは応援する方にはとっても好評です。
特に、ジジババたちは「あ~、あれが○○の孫か」などど、
確認ができるのですよ。

それから紅白対抗リレー
運動会は、それぞれの学年で紅白二つに分かれた
縦割りの紅白戦です。
リレーは低・中・高の三つのレースがあり、全員が選手です。
それぞれのチームで走る順番は児童が決めて 作戦を練ってきています。
足の遅い子を速い子がカバーして、責任転嫁しない児童たちは
ほんとうにすばらしいと思います。

競技の進行は、殆ど高学年児童が行います。
放送しかり。たどたどしさも、また、児童らしくていいものです。
低学年を誘導する高学年。
競技に使う小道具を持って走り回る道具係。
を持って、しっかりゴール順を見極める決勝係。
etc.

小学娘は得点係で、順位が出るたびに電卓を叩いて、
得点ボードの交換をしたりしていました。



小規模ならではなのは、たぶん、コレが一番です。

出場種目が多い!

小学娘は7種目とお昼休みのアトラクション(一輪車)に出場しました。
高学年になると「係」の仕事もあるので、
とても忙しく、座っている暇もなかったはずです。
それでも元気に動き回れるのは、元気な小学生だからでしょうね。


「短距離走」(100m)は4人中4位でしたが、団子状態だったのでよしとしましょう。
大学生チームに指導してもらった「よさこい」は豪快でした。
アトラクションの「一輪車」は、三人で手を繋いで回る花や、
14人で手を繋いであちらからと こちらからスタートして交差するなど、
(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!という技がたくさんあり、感動しました。
「紅白対抗リレー」は、二番でバトンを受け取り、そのままバトンタッチでしました。

他の競技も、とってもがんばっていたから、
いっぱいハクシュをして、大声を張り上げてしまいましたよ。
振れ~♪~~\(゜ロ゜=゜ロ゜)/~~振れ~♪


朝早くから作ったお弁当も「おいしい♪おいしい♪」と食べられたし、
がんばった小学娘の白組が優勝できたし、
何より、大好きなお父さんが応援に来てくれたから
ジュエルにとっても、家族みんなにとって、とってもいい運動会になりました。

続きを読む>>

PTA競技は二つあって、「クラス対抗」と「地区対抗」です。
どちらも放送係がチーム紹介をするのですが、
その時に、ウチの旦那だけが立ち上がり、大きく手を振っていました・・・
| 電柱 |。\) )))) ハズカシイ

旦那よ、娘の運動会だよ。
お前が目立ってどうするんだっ。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。