プロフィール

もこ

Author:もこ
新中一&新高一の娘を持つ母のブログです。お付き合い、よろしく!!

 
◆バトンについて◆

ごめんなさい、受けとりません。
詳しくは、こちらを読んでください。

カウンター


カテゴリー


占い師ドロンくん




占い設定ボタンを押して、
誕生日を入力してね。




ブログ検索


ブロとも申請フォーム


TB people










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台風被害直後だった先週はお休みにした図書ボ活動

今日は、久しぶりに小学校の図書室へ行ってきました。
「読書の秋」なので、今後の活動や企画について話し合うつもりだったのですが。

グランド側の窓下にある、絵本の棚が気になって近寄り、
絵本を手にとって見た。

( ̄□ ̄;( ̄□ ̄|( ̄□ ̄||( ̄□||||カガ゛ガーン!!

腰高の窓の下は、くくり付けの絵本専用本棚で、
普通の棚は一段、その上二段にフェイスアウト用棚があります。
(フェイスアウト・・・本の表紙を表に向けて並べること)
その、フェイスアウト用の棚の本が、潮を吹いていたのです。

ハイ、ウチの小学校のグランドの向こうは海です。
台風で飛んできた海水が、窓の隙間から入り込んだと思われます。
って、ことは、絵本棚の前に敷いてある畳にも・・・

今日の予定は急遽大変更となり、この「潮」処理となりました。
を開いてみると、濡れて湿気たものや
すでにふにゃふにゃになったものもありました。
一部にはカビが発生
よく見ると、最下段の絵本も(〃 ̄ω ̄)σぁゃιぃ
結局、全ての棚から絵本を取り出し、一冊ずつチェックしたら、
かなりの本がやられていました。

ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック

一週間も先生は放置していたのかと、別の意味でもショックでした。


一冊ずつ本を乾いたタオルで拭いて、本を立てて開き机に並べて
風を当てながら乾かしました。
畳はベランダへ引っ張り出し、日干しです。

でも、カビなどで使用不可となった本もありました。
少ない蔵書が、また更に少なくなってしまいます・・・
私の好きな「だめだめデイジー」や「これはのみのぴこ」も。

だめだめ、デイジー   これはのみのぴこ

もう、今年の図書の予算はあんまり残っていないはず。
先生、もう一度買ってくれるかなぁ。

そうそう、カーテンも潮臭くなって、カビが発生してました。
たぶんダメだと思うけど、先生に新規購入のお願いをして来ました。
購入不可だったら、図書ボでカーテンを作り変えてもいいかの許可を、
校長先生に頂きたいともお願いしました。


秋の企画の準備もあるし、忙しさ倍増の予感です。
でも、この活動は好きだから、許してあげるヾ(--;)ぉぃぉぃ
台風の後片付けが終った後は、予定がいっぱいでした(汗

土日はゆっくり休みたかったけれど、地区の秋祭りで、
旦那とジュエルが参加するため、そのお世話が・・・
おまけにこの二日間は、Rinが出場する陸上の大会もあって、
朝の5時から弁当作りでした。

ぜ~~~~ったい体がもたないと考えた私。
閃いた(-ω☆)キラリ

Rinの大会への送迎は、今回、一日は車が出せる保護者が行います。
日曜はそっちへ行こう!
秋祭りの世話より体が休まるし、何よりRinの応援が出来る(汗

旦那の着付け(着物で笛吹き)はババにお任せして、
ジュエルの方は、お手伝いのお母さん達にお願いしました。
(この三年間、二日ともお手伝いに出てました)

お昼ごはんは、旦那は神社側でご馳走になる♪
ジュエルは出店で食べるから、準備しなくていい♪
うん、いいかもぐ~♪ d(* ̄o ̄)


土曜日

お弁当をもって、Rinは貸し切りバスで出かけました。
それから、秋祭りの準備です。
旦那の笛吹き姿も、年をおって板についてきました。
歳をとった証拠でしょうか?
ジュエルも子ども奉納踊りを、楽しそうに踊りました。
去年より、堂々としていました。

ジュエルが参加している奉納踊りは、小学生までなので来年が最後です。
最後まで、りっぱに務めを果たして欲しいな。


日曜日
朝食を済ませてから、Rinを乗せて大会会場へ。
昨日は出場種目がなかったRinも、今日は走ります。
三ヶ月ぶりに見るRinの走りは、数段よくなっていました。
マネージャーから転身?して、よくぞ短期間にここまで・・・
母は、なりふり構わず応援してしまいましたよ。
Rinの中学の子が走らない時は、
他のお母さん達と情報交換がいっぱいできました。
小学校の行事等を優先しているため、
どうしても、Rinの送迎をお願いすることが多いので、
今回は、私も参加できてとってもよかったです。

そして今日
土日に休めなかったそのままに、中学でお話を読む日でした。
声がよく出るように、やっぱり早起き(x_x;)シュン

来週の日曜日は小学校の運動会だし、
こん週の平日は、絶対休養日を作るぞ!

ご無沙汰です。ペコリ(o_ _)o))

毎度のことと、おっしゃらないでくださいね(爆
今回は非常に辛い事情ゆえ・・・

台風の影響で三日も停電していました
はい、台風の被害にあっていたんです.....(;__)/| ずぅぅぅぅん


我が家は無事ですが、それでも庭の花は風雨で全滅です。
も枯れかけたものが多々(=;ェ;=) シクシク
キャンドルな生活は続くし、
地域全体が停電しただけでなく、
台風の後がとにかく凄い状況だったので、
コンビニもスーパーもレストランもほか弁も、
み~んな休業
しちゃって、
食料がぁぁぁぁ~。売ってくれ~~~~~っ。


開いてるお店まで買いに出かけようにも、
満潮時と重なった台風の襲撃で 高潮が発生し、
打ち上げる波で道路はゴミの山。


さらに、街路樹だって根こそぎ倒れてるし、
直径が10cmもある枝が ポキポキおれて、道をふさいでます。
鉄柱の看板だって倒れてるし、バス停なんか見る影もない。
瓦が飛んだだけじゃなくて、
太陽熱温水器のパネルヒーターが、屋根から落っこちてるし。
わかりますかこの状況。


我が家は不幸中の幸い としか言いようのないちょっとした被害だけで、
周りの皆さんに申し訳ないほどです。
は無事でした。車も。

友達の家は・・・・
床下浸水しました。
車が壊れました
屋根が半分なくなりました
etc.


小中学校も教室の窓が割れたり、体育館の屋根がやられたりと、
被害があっています。
台風後の最初の登校日は、給食センターも停電したことなどで、
給食なしの午前授業になりました。

地域全体の電話が完全復旧したのは昨日です。
携帯電話も、中継基地やアンテナがやられて使えない場所が多かったです。
しかも、途中で充電が切れるし(_△_;〃 ドテッ!
充電器を買いに走りましたとも

私もやっと家の片付けがほぼ完了したので、
戻ってまいりました。
あと残っているのは、庭の花達の処分と植え替えだけ。
せっかく育てていたのに・・・(*ノ-;*)エーン
きっと、球根や宿根草の根もやられてるんでしょうね。
掘り起こして、一から花壇の造り替えしなきゃ。
いつ終るんだろう、見当がつかない大仕事です。


そんなこんなで、ただ今生還してきました。
また(。-_-)ノ☆・゜::゜ヨロシク♪
本日は「木曜日」です。

小学娘のピアノレッスンの日でした。

なのに、何を勘違いしていたのか、
今日は「水曜日」だと思い込んでいた私。

「待っていたのですが、何かありましたか?」と先生からメールが届いて、
(*´ェ`)ボー...Σ(*゜ェ゜*)ハッ!としたけど、時すでに遅し。




鐘→|||||ヾ( ̄  ̄) カーン!




ボケるのには、まだ早いぞ、自分
二つ前に書いた記事
「先生をフォローできなくなった出来事」があると書きました。
そのことについて。

中学娘のクラスには、不登校の女の子Aちゃんがいます。
不登校のもともとの原因は、先生なのです。
なのに、先生はまったくその事を自覚しておらず、
仲のよかった(と先生からは見えた)子二人(Bちゃん、Cちゃん)との喧嘩が原因
だと言っているのです。

中学娘との関係ですが、全員同じクラスです。
Aちゃんは普通のクラスメイト。
Bちゃんは中一の時からの仲良しです。
Cちゃんとは中二でクラスが一緒になり、
Bちゃんを介して仲良しになりました。
Dちゃんも加えてB・C・Dちゃんと中学娘の四人が仲良しグループです。


AちゃんBちゃんは家も近く、小学校からいっしょですが、
くされ縁のようなもの(Bちゃん談)とのこと。
そして、二年のクラス替えで友達が居なかったAちゃんが
Bちゃんにくっついていたという状況で事が起こったようです。


その日、Aちゃんは風邪を引いて学校に居ませんでした。
一日だけのグループ学習(担任の授業)で4人組みを作ることになり
B・C・Dちゃんと中学娘が班を作り、さあ、授業開始というときに、
Aちゃんが教室にやって来たのです。


実は、Aちゃんは欠席ではなく「病院へ寄ってから来る」と連絡を入れていたのに、
担任は「病院へ行くから休む」と聞き取ったらしいのです。
これが、担任の勘違いその①

BちゃんCちゃんと同じ班になっていると思っていたAちゃん
「なかまはずれ」にされたと思い、涙ぐんでいたらしく、
授業後に担任から理由を聞かれたとき、上のように答えたそうです。
この件に関しては、その日の内にAちゃんBちゃんから理由(欠席だと思っていた)を聞いて、和解していたのですが。

翌日から4日ほど、Aちゃんは学校を休みました。
グループ学習があったのが月曜日で、結局週末までAちゃんは学校へ来ませんでした。
翌週は来たり来なかったりだったのです。
そして、『登校拒否』の噂が出始めました。

ここで、担任が勘違いその②です。
『Aちゃんが不登校になりかけている。
原因はB・Cさんとのグループ学習の時の出来事。』


Aちゃんが二週間近く学校を休んだ頃、先生がクラスのみんなに言いました。
「Aさんが学校へ来たら、普段通りにしてあげて。」
そして、みんなは、Aちゃんが登校拒否をしていると核心してしまったのです。

BちゃんCちゃんを呼び出して先生が言いました。
『Aさんの不登校の発端は、あなた達に嫌われたと思ったことです。
Aさんはあなた達と仲良くしたいと思っているんです。
協力して欲しい。』

Bちゃんは毎日Aちゃん宅へ遠回りして、登校するようになりました。
でも、Aちゃんは来ません。

毎日電話もしますが、出ません。
友人からの電話、学校からの電話を一切取らないようです。

BちゃんAちゃんへメールを入れていました。
やっときたAちゃんからの返事には こう書いてあったそうです。
「不登校の噂が広まっていることを聞き、学校へ行き辛くなった。
私は本当に具合が悪くて学校を休んでいたのに。」

そうなのです。
担任が発した一言が、Aちゃんを登校できなくしたのです。


更に、Aちゃんのメールには担任がまったく自分の気持ちを理解していないこと
なども書き連ねてあったそうです。


一学期の終わりごろには、この担任、
クラス全員にAちゃん宛ての手紙を書かせたり、
毎日電話をさせたりしていました。

これって、どう
Aちゃんが担任のことを「全く理解してくれない」と思うのも当然かな。



ここに書いたことは、私が中学娘から聞いた話ですが、
Aちゃん本人が言ったりメールしたりしたことを、
Bちゃんから聞いたものなので、偽りはないと思います。

たぶん、もっと細かいことを中学娘Bちゃんから聞いているでしょう。

そもそも、自分が「欠席」と「遅刻」を勘違いしていたことの謝罪は全くなく、
具合が悪くて休んでいる子のことを「普段どおりに・・・」と、
子ども達に「Aちゃんは不登校です」と思わせるような発言をしたことが、
Aちゃんを本当の不登校にしてしまったのに、
まるで、クラスメイトが悪いかのような発言や行動は、
さらに、子ども達に不信感を抱かせたようです。


以前にも保護者にな発言があった担任です。
こんなことがあったうえでの、夏休みの「職場体験の電話事件」でした。
中学娘に「担任の考えがある」とは言えない私の気持ち、
わかってもらえるでしょうか。



ちなみに、Aちゃんはまだ、学校へ来ていません。

続きを読む>>

中学娘は、学校での出来事をよく話してくれます。
楽しい話は共有したいし、嫌なことは話すことで、
ストレス発散にもなっているそうです。

私は中学娘の話してくれることを信じているから、
先生のことを斜め目線で見るようになりました。
もちろん、私自身が感じたことも、多々ありますから(^-^;

先生に言いたいことはたくさんありますが、
「辞めてくれっ」と言われているし、
親子のコミュニケーションのほうを私は優先して、
今は大人しくしています。
Aちゃんの件に関しては、Bちゃんママ、Dちゃんママなど、
事実を知っている親が数名います。

でも、今更「原因」について話したところで、
何の解決にもならないので、私たちの胸の奥にしまっておこうと言っています。
でも、また何かあったら「切り札」にして、抗議しようとも・・・



めちゃくちゃ横になるけれど・・・・

学校へ「クレーム」をつける保護者が増えたと言われますが、
「クレーム」を付けられるような教師が増えたって事、
行政や学校側に自覚はないんでしょうかねぇ。
こんな担任だと、そりゃあ×・○|※△”#$%&’ですよね?
中学娘も来月は修学旅行へ出かけるんだけど、
今回は\(^-^\) (/^-^)/コッチニオイトイテ...

小学娘のお話です。
現在小学5年生の娘は、来年度の春、修学旅行へ出かけます。
ということで、そろそろコースの選択の時期なのですが・・・


従来の修学旅行にすると、実施できない。と説明がありました。
( ̄ェ ̄;) エッ?どういうこと?

市町村合併によって、一昨年「町立」から「市立」になった我が小学校。
ここにネックがありました。
修学旅行の予算上限額というものが市にはあり、
少人数である娘達は、お金が掛かりすぎるのだそうです。

つまり・・・

バスの貸切代が頭割りになるので、一人当たりの金額が大きくなる。
訪問先や宿泊先によっては、団体割引が効かない。
(現在の6年はギリギリセーフだったそうです)

これが大きな理由となります。


そこで、代案がいくつか出されました。
 お隣の同じ規模の小学校と合同で行う。
 ニ学年(5・6年生)で実施する
 コースを見直す(遊園地をはずす)
 公共機関を利用する

私たち保護者が出した結論は「公共機関を利用する」です。
貸切を利用するよりも、時間が多くかかり、子ども達には負担が大きくなるかもしれません。
しかし、普段、自家用車がないと暮らせない地域に住んでいることもあり、
公共機関を使うことがほとんどない子ども達ばかりなので、
公共機関を使うこと自体が「学習」になると思うのです。
自分達で時間を調べて、乗り場を確認して・・・
面白そうだと思いませんか

乗り遅れは許されない状況になるはずです。
その緊張感もいいと思うのです。
おまけに、負担額が一万ほどやすくなるらしいので、家計にも優しい

公共機関を使うのであれば、従来のコースに固着する必要もないので、
子ども達が楽しみにしている大きな遊園地ははずさずに、
A遊園地方面、B遊園地方面、C遊園地方面と三方向検討してもらえるように学校側へ提案してきました。
A遊園地方面は従来の大都市方面、
B遊園地方面は歴史建築物のある方面、
C遊園地方面は温泉地で、
それぞれに特色のある観光地でもあり、学習するところはたくさんあります。


まだどうなるかわかりませんが、
修学旅行は小学校時代の最大の思い出となります。
できれば単独で出かけて欲しいと思うし、
全工程「公共交通機関」を利用する修学旅行なんて、
珍しいうえに、学びどころ満載でいいとおもいませんか
少人数ならではの旅行を、ぜひ、実現してほしいと思います。

続きを読む>>

途中、(頭割りで)金額上限にかかるなら
「保護者」もバスだけ同乗させてもらい、
後は別行動で「保護者慰安旅行」でもやりましょうか?
との意見も出ました。
温泉地コースなら、充分保護者が満足できるコースなんです。

それもまた楽しそうですが、子ども達の大反対がありそうなので
残念ながら、却下となりました(*≧m≦*)ププッ

旦那達に「堂々」と旅行してきますと言える機会だったのにね。
と、笑い話になりましたが、大逆転があるかもしれませんよ
(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
中学娘の担任がまた、やってくれました。
(ノ_-;)ハア…

担任に不信感を覚えた記事はこちら⇒まず、減点準備する側のことも考えろっ!


中学二年生になると「職場体験」があります。
こちらでは三日間で九月の末に行われるのですが、
地域のいろんな「職場」に受け入れ先となってもらい、
中学生に「働く」ことを体験させるものです。
名称はいろいろだけど、どの中学でも行われているようですね。

一学期に、受け入れてくれる「職場」と「人数」の一覧が、生徒に配られました。
アンケートがあり、第4希望まで書いて提出し、
夏休み中に担任と学年主任の先生で調整して、
休み明けに発表ということだったのですが。


中学娘は第4希望まで、すべてアウトだったそうです。
そして、体験場所は、よりによって、ココだけは行きたくないと言っていたK保育園に決定。

中学娘が希望した場所が、第4まで大人気だったのかもしれません。
それならそれで仕方ないことなのですが、問題はそういうことではないのです。

近所にHちゃんという同級生が居ます。
彼女の自宅には、お盆前に「第4希望までムリなんだけど、
K保育園へ行ってくれないかしら?」
と電話が掛かってきたそうです。
そういう話を、何人かから聞いていました。
なので、電話連絡のなかった中学娘は、自分が希望した4箇所のうち、
どこかに決まったものだと思っていたのです。
ところが、新学期になったら・・・

おまけに、Hちゃんは「K保育園は嫌です。」と答えていたら、
自分の希望する職場にきまっていたとのこと。


そんなこんなで中学娘はカンカンです。
「どうして、私がK保育園 どうして、私には連絡がなかったわけ

中学娘が、そう思うのも当然ですよね。
そっちに聞いて、こっちには聞かないって、どういうことでしょう。
電話するなら全員に電話する。
一部に電話しないなら、誰にも電話しない。
そんな、一貫したやり方でお願いしたいものです。

これで、もともとよく思っていない担任に対し、
中学娘は、ますます不信感をもったようです。
私も、もう、フォローできないところまで来ています。

信頼関係を気づいて、進路について話し合わねばならないこの大事な時期に、
何てことをやってくれるんでしょう、この担任。


夏休み前にもうひとつ、担任に不信感を抱く大きな事件がありました。
私が、担任をフォロー出来なくなった大きな要因です。
それは、また今度。

続きを読む>>

中学娘がK保育園へ行きたくなかった理由、それは・・・

 徒歩10分も掛からない場所であること。
 近所に住む親戚のお姉さんが、二人も保母として働いていること。

職場体験なので、自分の知らない環境で、知らないことを学びたかったらしいです。
そのために、目と鼻の先にある保育園ということと、
日常的によく知っている、それも血縁者が「指導者」になる可能性が高い(保母さんは四人しかいない小さな公立保育園です)職場を避けたかったと言います。

中学娘の言い分はよくわかります。
もし、電話が掛かってきていたら、きちんと理由も説明できたのにね。

私も、私の住む地区はとても親密(←いい言い方をすれば)すぎるから、
出来れば、この地区以外の場所で職場体験して欲しかった。
職場体験中の中学娘のことが、噂のネタになるのは間違いないですから・・・


もう体験場所は決定して、各職場に名簿も配られたというので、
体験場所を変更することは不可能です。
でも、どうしてこういうことになったのか
担任に聞いてみたい気持ちでいっぱいです。
この記事を、本に分類していいものでしょうか(*≧m≦*)ププッ

昨日出かけたお店で「長編コミックフェア」なるものが開催中で、
「長編が全巻そろうまたとないチャンスです」なんてふれ込みでした。

覗いてみると・・・・
「メジャー」「こち亀」「三国志」など、
ホントに超長編がありはしたものの、少年ものばかりじゃないのっ。
つまんな~い。
な~んて思っていたら、裏側に [壁]スッ≡( ̄ー『+』ゝ発見!!

「生徒諸君!」「エースをねらえ!」「ベルサイユのばら」etc.

生徒諸君! (1)生徒諸君! (1)
庄司 陽子

生徒諸君! (2) 生徒諸君! (3) 生徒諸君! (4) 生徒諸君! (5) 生徒諸君! (6)

by G-Tools


エースをねらえ! (1)エースをねらえ! (1)
山本 鈴美香

エースをねらえ! (2) エースをねらえ! (3) エースをねらえ! (4) エースをねらえ! (5) エースをねらえ! (6)

by G-Tools


ベルサイユのばら―完全版 (1)ベルサイユのばら―完全版 (1)
池田 理代子

ベルサイユのばら―完全版 (2) ベルサイユのばら―完全版 (3) ベルサイユのばら―完全版 (4) ベルサイユのばら―完全版 (5) ベルサイユのばら―完全版 (6)

by G-Tools



最近の作品には目もくれず、
きゃあ~、懐かしいと、一人((o(^-^)o))わくわくしてきました。


私は「キャンディ・キャンディ」あたりからコミックを買い始めた世代です。
テリィはかっこよかったな ̄m ̄ ふふ
「エース・・・」は、千葉ちゃんファンという異端児σ(・_・)で、
「ベルサイユ・・・」は、某所で登場人物の名前をHNにしております。

買い始めたばかりの頃は、コミックを一冊買うのに
必死で、お小遣いを貯めたものでした。
その後、自分で詩を書くことに目覚め?高校は文芸部に入部し、
本が大好きになっていったんです。
そしてそのまま図書館学を学ぶために進学・・・

コミックは、今の私のルーツかもしれません。

今も「エース・・・」と「ベルサイユ・・・」は、本棚に並んでいます。
あ~、また読みたくなってきたd(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ


ところで、長編フェアなのに
絶対はずせないと思われる「王家の紋章」「ガラスの仮面」がなかったのはなぜでしょう?
店長の意向
(ーΩー )ウゥーン

続きを読む>>

夏休みのラストスパートに気をとられていて、
来週末には法事を出す立場(ジジババが)であることを
すっかり忘れていた私。

裏方(接待と食事作り)が私のお仕事になります。
お坊さんを呼んで、すべてを自宅で行い、
20人分近くのご馳走を作るために、
朝からてんてこ舞いの忙しさとなるんだけど、
作業?するときの「それなりの黒い服」がないっ

前回の法事の時は、とても涼しかったので黒の長袖ブラウスでOKだったけど、
今年はぜ~~~~~ったいムリ

という訳で、買い物に出かけたのでした。

が、

お目当ての服を買った後、
あれこれ買い物をしてお茶をして・・・としてるうちに、
何処かへ忘れて帰ってきたのです。( ̄□||||!!

連絡を入れたら、幸い、忘れ物として届けてあったので、
もう一度、お出かけしてきます。

いったい、昨日は何のために出かけたのやら。
猛反省のわたしです。ヾ(_ _。)ハンセイ…
今日からやっと新学期
娘達はたくさんの荷物を抱えて登校していきました。

そして、昼頃には帰宅。

小学娘から聞いた先生の発言にちょっと驚きです。
「あのね~」
「算数のプリントを終れなかった人は、もうしなくていいんだって。
 ずるいよ。それなら私もやらなかったのに。」


ずるいは違うだろヾ( ̄o ̄;)オイオイ

先生の発言はこうです。
「夏休みの課題が終れなかった人は、明日明後日の土日に仕上げて
月曜日に提出してもかまいません。でも、算数プリントはもうできないでしょうから、
しなくてもいいです。」


※算数プリント・・・一日一枚ということで、A3サイズの問題42枚が課題でした。

小学娘には、やれば自分の為になるし、課題はやるのが当然なんだと
話はしましたが、まだ5年生という部分もあるし、
先生の言葉を聞いて、小学娘のように感じるのもまた当然なのかもしれません。

さて、この先生の発言はどうなんでしょう?
これからも「できない宿題はやらなくていいよぉ。」と、
子ども達が理解しちゃったなんてこと、ないでしょうか

昨年一昨年と厳しい先生にあたり、築いてきたものが崩れなきゃいいな、
と思った新学期スタートでした。

以前の担任の記事はこちら ⇒ ココ

あっ、もしかして、先生は子どもの自主性を育てることに主を置いてる?

とりあえず、わが子にはもう一度きちんと話さねばっ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。