プロフィール

もこ

Author:もこ
新中一&新高一の娘を持つ母のブログです。お付き合い、よろしく!!

 
◆バトンについて◆

ごめんなさい、受けとりません。
詳しくは、こちらを読んでください。

カウンター


カテゴリー


占い師ドロンくん




占い設定ボタンを押して、
誕生日を入力してね。




ブログ検索


ブロとも申請フォーム


TB people










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年3月19日
小学娘が小学校を卒業しました。
それと同時に、私も、小学校保護者を卒業する日でした。

ここ数年、私は小学校の卒業式に参列しています。
その中で、娘の卒業式ということを省いても、
今年は最も心に残る卒業式となりました。

校長や来賓の、長い「お祝いの言葉」を聞いている時も、
背筋をビシッと伸ばし、ぶれることなく椅子にこしかけ、
「卒業おめでとうございます。」というフレーズがあると、
かならず「ありがとうございます」と返事をし、
座ったままですが、皆でお辞儀をしていました。

見ていて気持ちが良かったです。


「送辞」「答辞」にあたるものがなく、
6年生と在校生(1年から全学年参列します)との
掛け合いの言葉や、歌があったのですが、
たった10人程の6年生は、在校生全員が合わせた声以上に、
大きく、はきはきとした声が出ていました。

タイトルは忘れたのですが、
担任の先生が、4月からこの歌を卒業式に歌わせたいと、
根回し?していたというその曲は、心に響くものでした。
不覚にも、ここで涙がこみ上げてしまいました。

式の最中から、在校生がしゃくりあげて泣いていました。
顔を何度もぬぐっている子もいました。
惜しまれる卒業式を、過ごしてきました。


・・・旦那の謝辞も無事に終わりました(´▽`) ホッ・・・



式後教室に向かうと、
「わたしの息子たち、娘たち、ありがとう」
と、黒板に大きなメッセージが書かれ、
その周りには、卒業生の顔写真が丸く、貼られていました。

これまで、何度も6年生を担任し、
そのたびに「格言」を書いてきたそうですが、
このクラスは、先生にとってとびっきり一番のクラスで、
先生自身が胸をはれる子どもばかりだから、
「今回は、厳しい自分を受け入れてくれたことを感謝したい。」と
言ってくださいました。


このメンバーで、この担任で、本当によかった!


最後に、在校生が作った花道を、親子で通ってきました。
小学娘が通ると、沢山の低学年の子が握手を求めてきました。
花束も手渡されました。
抱きついてくれる子もいました。
こんなに、慕われていたんだと
今更ながら、小学娘のことを自慢に思いましたよ。


私の9年間の小学校生活も、もうおしまいです・・・・
ありがとう!さようなら!K小学校!
2008年3月18日
心配された天気も何とか持ちこたえ、爽やかな朝を迎えました。

中学の卒業式は、自宅に届けてもらった花束を
車に積み込んでからスタート。
駐車場として開放された校庭には、
教職員の車しか並んでいません。
一番乗り

大きなダンボールに入れられた花束は二箱分。
一人ずつ、メッセージカードも添えました。
二往復してPTA室に運び終えた頃、
図書ボのTさんがやってきました。
桜色の、とても春らしい着物に、アップした髪がとてもステキ。
私は、光沢のあるグレーのスーツです。

式会場では、Tさんと共に保護者席の一番前を陣取り、
中学娘の姿を、しっかり目に焼き付けてきました。
全員が校長先生から卒業証書を受け取って、
長い式典となりましたが、
やはり、代表受け取りより、こちらが良いですね。
自分の目の前に座った中学娘を、
じっと確認している小学校長が印象的でした(笑
(着任と入れ替わりで卒業したいたので、この子がもこさん長女かと)

答辞では、中学娘が考えた文章も読み上げられました。
「入試が終わった子」だからと、 あれもこれも任せら、
高校から出された 膨大な課題をこなしながら、
殆ど徹夜した日も多かったこの一ヶ月、
一生懸命頑張っていた中学娘のいろんな姿を思い出していました。
そして、
入学してからの日々や、部活命でも勉強の手を抜かずに頑張りぬいたこと、
いろんなことが式頭の中を駆け抜けていきました。

短い3年間だけど、とても濃い3年でした。
ありがとう、中学校
当日はは凄い雨でした。
しか~し、どうしても出かけなくてはならず、
決死の覚悟で車を出しました。
しかも、高速です(滝汗


陸上競技は、台風が来ない限り大会は中止になりません。
(と、元陸上部の旦那が言った)
中止にならないってわかってるから、
豪雨の中、出かけた というわけです。

そう、中学娘の大会でした。
三年生も任意で出場でき、 ウチの中学もエントリーしました。
三年生には、実質的な引退試合でした。

この大会は、全県の中学生が集まります。
県大会へ行けない選手にとっては、
いろんな中学の選手と走れる、
特別の大会でもあるのです。

沢山の選手が集まるため、エントリー数が決められ、
中学娘も走れるかどうか判らなかったのですが、
晴れて、出場できたのです。

ホントに、ホントに、大変な最後の大会でした。
豪雨の為に屋根のあるスタンド部分もビシャビシャ。
応援は傘をさせばいいのですが、
子供たちの荷物置き場&休息場を、
確保しなくてはいけません。
アップした後、体が冷えないように 細心の注意を払うため、
着替えやバスタオルと、いつもより皆が大荷物で、
倍の場所が必要なのですが、
雨でぬれない場所は、どこも会場近くの中学校がすでに確保済み。
残された場所を、遠方よりやって来る中学が
早い者勝ちでとって行きます。

雨がしのげる場所を、なんとか確保したものの、
横殴りの雨となり、じわじわと床が塗れてきて・・・(汗

子ども達は、ずぶぬれになりながらの競技でした。
重馬場にもかかわらず、「雨天でも練習」の陸上部です。
雨が有利という子、いつもと同じだよという子。さすがです。

悪天候の中で力走する子たちに、
またまた感動の嵐!

中学娘もよく走りました。
中総体で、一度「終わりだ」と思った気持ちを、
上手く切り替えて、テンションをあげてきました。
結果は、まずまずです。
決勝には進めなかったけれど、納得の走りでした。


この二日間、テレビを殆ど見ていなかったので、
ニュースを見て、びっくりしました。
豪雨だとは思っていましたが、
電車は止まるは、がけ崩れしているはで、
ウチの県も大変だったんですね。
大会中にニュースを見なくてよかったかも。
車の運転が出来なくて、出場辞退・・・
なんてオチは、最後の大会には笑い話にも出来ませんから。
6年生の春休み(卒業後)に陸上部を見学に行き、
「お母さん、やっぱり陸上部に決める!」と早い段階から
入部を決めていた中学娘。
当時、成長にともなう貧血と、軽い成長痛があり、
競技者としての入部は、待った方がよいと
医者から言われていました。
ですが、それが治まってから入部したのでは、
「部の和」に入っていくのは難しいかもしれないからと、
マネージャーとして、中学娘の部活動は始まりました。

もともと、細かいことに気がつく性格なので、
マネージャー業は合っていたようです。
そのまま、マネージャー業もよいかな?って、
正直、足の遅い中学娘には、転向しないほうが・・・とも思っていました。

ところが、一年生の晩秋、コーチから
「そろそろ転向してみないか?」と声を掛けてもらいました。
マネージャーとして走り回る中学娘の体力と、
ちょっとだけ、練習に参加していた動きを見て、
「もう大丈夫じゃないのか?」と判断したそうです。
(入部する時、マネージャーになる理由を話していました)
その頃は、貧血で倒れることもなくなり、
身長の伸びも鈍くなっていたので、転向を決意しました。

みんなより、9ヶ月近くも遅れて競技者になった中学娘。
とても嬉しそうでした。
遅れを取り戻そうと、自宅から学校までの3キロの道のりを、
どんなに暗くなっても「迎えに来ないで!」と、
かばんを持ったまま、走って帰ってきたり・・・
二度の 軽い肉離れも経験しました。
頑張り屋の中学娘です。

そんな中学娘の最後の中総体。

まさかの、リレーの選手に選ばれました。
個人競技にエントリーされると思っていた中学娘は、
驚きと不安と、そして、「申し訳ない」という気持ちが大きかったようです。
中学娘がリレーにエントリーされる代わりに、
外された子がいるわけですが、それは、キャプテンだったんです。

みなの前で出場種目別に、コーチが名前を呼びました。
リレーで中学娘の名前が呼ばれ、キャプテンの名前が呼ばれなかった。
「走りたかった」というキャプテンの言葉を
中学娘は聴いてしまったようなのです。

「走りたかったのは、キャプテンだけじゃない。
他の子だって走りたかったはずだよ。
みんなの気持ちもいっしょに連れて走らなきゃ。
選ばれたあなたの使命だよ。」


そういって、気持ちを盛り立てました。


こちらにつづく
このタイトルは何?と思われたでしょ?

本日は、娘Rinの誕生日だったのです。
14歳(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

一日早く、昨日プレゼントを買いに出かけました。
Rinの希望は『洋服』です。
女の子の洋服選びに耐えられるはずのない旦那には、
ジュエルを連れて、本屋さんへ行ってもらい、
Rinと二人で何店かo(゚ー゚*o)=3=3ウロウロε=ε=(o*゚ー゚)oしました。

ネクタイ付きのシャツとサスペンダー付き?のホットパンツが欲しかったらしいのですが、残念ながらシャツは好みのものが見つかりませんでした。

でも、パンツはありましたよ。

本体はデニムなんだけど、ヒップの切り返しや、
サスペンダーの裏布に「ガイコツプリント」が使ってあります。
今、この「ガイコツ」がおしゃれで流行っているそうですね。

以前「オーラの泉」で、オダギリジョーがゲストで出ていた回で、
彼の部屋がモノトーンで「ガイコツグッズ」が沢山あるのが
彼の運気を下げるだけ無く、悪影響を及ぼしていると
江原さんが言っていたのです。
見た人はいますか?

その後、オダギリジョーは「ガイコツグッズ」を一掃したとか。
するとどうでしょう!
出演作品が増え、さらに多くの賞をとったではありませんかっ。
恐るべし、ガイコツパワー・・・

ってことで、流行っていることは知っていたけれど、
「ガイコツ」ものは敬遠していました。
Rinも、たまたまオダギリジョーのオーラは見ていたので、
コレまでは躊躇していたようですが、
今回は、遠目にはガイコツに見えないし、
何より、デザインが可愛かったのでコレがいいと言い、
試着すると、なかなか似合っていたので、私も折れました。

これで、不幸が舞い込んでも知らないよ、と言い添えて。
誕生日なのに、こんな事言う親でいいんでしょうか(笑


前日ではあったけれど、材料を買い込んで、
夜はリクエストの「手巻き寿司」にしました。
「手巻き寿司」は簡単に準備できるから、
買い物帰りでも そう時間がかからずに夕食となりました。

「食べ過ぎて、気持ち悪い」

というくらい、Rinも食べてくれましたよ。
なのに、入浴してゆっくりしていると、

「ケーキも早く食べなくちゃ♪」って。

旦那はギブアップしたけれど、女三人はしっかり「ケーキ」と「こどものビール」で乾杯しました。
これぞ、まさしく別腹です。



そして今日は誕生日です。
ケーキは無いけれど、美味しいものを食べなくちゃね、と
再び女三人は結束し・・・
夕食は「とんかつや」へ出かけました。

Rinとジュエルは「カツ丼」を注文。
私は「味噌かつ」、旦那は「おろしかつ」を頂きました。
この店は、ご飯や味噌汁はお代わりし放題なので、
しっかりお代わりもいただいて、超満腹です。

「もうだめ~と言ったRinも、
しっかりデザートのアイスを完食しました。



この土日、お腹に優しくない時間をすごしたみゅう家なのでした。


 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。